トップ > 福利厚生サポートサービス > 財形転貸融資・利子補給

財形転貸融資・利子補給

財形転貸融資とは

いざマイホーム!という時の資金調達の強い味方。それが「財形転貸融資」です。

財形転貸融資とは住宅金融支援機構(旧公庫)と同じ公的融資制度となります。
具体的には「勤労者財産形成促進法」に基づき、財形貯蓄を行っている勤労者の方に対して還元融資されるもので、厚生労働大臣登録福利厚生会社である財形住宅金融(株)が独立行政法人「勤労者退職金共済機構」から融資を受けた資金を財住金へ出資されている企業の従業員に対し、住宅資金として公的融資する制度です。

財形転貸融資
  • ■最高4000万円まで借りられます。
  • ■他の融資と併用することも可能です。
  • ■5年間固定金利なので安心です。
利子補給制度
  • ■会社が利子補給します。

土地先行取得融資

財形転貸融資に関するQ&A

いくらまで借り入れが可能ですか?

財形貯蓄残高の10倍以内で最高4000万円。
ただし公的融資が所要額の90%以内となります。
また、単位としては50万円以上10万円単位でお申込できます。
(土地を賃貸借に借りており、担保に入れることが出来ない場合は60%)

どのくらいの期間で融資をしてもらえるのですか?

早い方でも入居後、2ヵ月後になります。
物件へ抵当権の登記が完了しないと融資されませんので、引渡し時に資金が必要な場合は「つなぎ融資」があります。

住宅金融支援機構(旧公庫)との併用は可能ですか?

合わせた借入額が所要額の90%以内となります。

新築住宅購入資金の場合申込時期はいつですか?
住宅金融支援機構を併用する・しないに関わらず引越の1ヶ月前まで。
中古住宅購入資金の場合申込時期はいつですか?
住宅金融支援機構を併用する・しないに関わらず引越の1ヶ月前まで。
利子補給の制度とは?
NTT及びNTTグループ社員の方の持ち家を支援するために、財形転貸融資返済金の利息部分の一部を会社が負担する制度。

財形住宅金融

このページトップへ