トップ > ライフアシスト > 災害時のサバイバル術

ライフアシスト 防災特集号

防災
特集号
大震災の体験を聞く
大地震に備える
地震の基礎知識
地震保険と復興支援
伝言お預かり活動
いざという時の連絡手段

バックナンバー一覧

大地震に備える 我が家継続計画

災害時のサバイバル術

水と火のサバイバル術

飲み水を手に入れる

生きのびるためには、何はなくとも水が必要です。自宅で水が手に入らなくなったらなんとしても水を確保しなくてはなりません。自宅はダメでも近所の公園の水道は使えるかも。家の近くに非常用の防災井戸があるかも。給水車が回ってくるかも。避難所で給水があるかも。どうしても手に入らなければ、川の水でも飲めるようにしなければなりません。煮沸消毒すれば飲めるようになる水もありますが、煮沸しても取り除けない有害物質もたくさんあります。よほどの事態にならない限り都会の川の水は飲まない方が安全です。

火をおこす

ライターもマッチも使わないで火をおこすのは、非常に困難なことです。車のバッテリーを使ったり、凸レンズを使ったり、木の棒と板を使ったりと、可能性のある方法がありますか、基本的には自分で火はおこせないものと考えて、マッチやライターを用意しておきましょう。

たき火をする

ライターやマッチがあっても、拾い集めた木々でたき火をするのは意外に大変です。バーベキューの時などは着火剤やアルコールを使うので簡単に火がつきます。被災地で集めてくる木は濡れていたり、自然木だったりするので簡単に火はつきません。もっとも太い木を中心にして、木片や細い枝を立てかけ、かたくまとめた新聞紙や雑誌に火を付けて細い木から燃やしていきます。家庭にある食用油は燃料として重宝しますので、「燃料」として持ち出しましょう。

衣のサバイバル術

パジャマで逃げる?

着の身着のまま逃げ出して、気づいたらパジャマ一枚。というのは、震災経験者の多くの方の体験談です。夏ならまだしも、阪神淡路大震災や東日本大震災はまだ寒い季節でした。避難所に入って暖がとれればいいのですが、外で一夜を明かさなくなったら命に関わります。サバイバル以前の準備として、枕元に着替えと靴を用意しておきましょう。

防寒着を作る

避難所の中でも暖房が無かったり、毛布の用意がなかったり自力で寒さをしのがなければならないこともあります。新聞紙をくしゃくしゃに丸めてから広げ、上着と下着の間に入れると空気の層が出来て保温効果があります。

羽毛布団がわり

新聞紙を丸めてゴミ用の大きなポリ袋に詰めるだけで、布団の出来上がりです。中に足を入れればあんか、いくつか作ってくるまれば羽毛布団のような暖かさです。

住のサバイバル術

万能ブルーシート

被災地の屋根でみかける事の多いブルーシートは、丈夫で防水効果もありなんにでもつかえます。一枚あれば敷物にしたり、テントにしたり、雨よけにしたり使い方はさまざまです。大きなもの(10畳以上)1枚と小さなもの(2〜3畳)数枚用意していれば、あらゆる場面に対応可能です。あわせてロープなどがあると便利です。

役立つゴミ袋

「衣のサバイバル」でも紹介しましたが、ゴミ用のポリ袋はさまざまな役立つ使い方があります。物入れやバッグ代わりはもちろん、切り開いてガムテープでつなげて大きくすれば、敷物にも簡易テントにも使うことが出来ます。

使えるダンボール

敷物も布団もなく板張り廊下やコンクリートの上に寝なければならなくなったとき、ダンボールを敷くだけで寒さが軽減されます。大きなものはつなげて、避難所のついたてや簡易トイレの目隠しに使うことも出来ます。

車でサバイバル生活

ワンボックスカーやステーションワゴン、RV車は工夫一つでキャンピングカーのように使うことが出来ます。エンジンをかければ冷暖房完備、テレビ・ラジオ・照明・ベッド(シート)付きです。キャンピングセットに食料備蓄、簡易トイレを積んでおけばサバイバル生活には十分です。避難所で暮らす人々や周囲に配慮すれば、ペットも一緒に暮らせプライバシーの守れる避難所となります。

トイレのサバイバル術

トイレを作る

断水して水が無いためにトイレが使えないのであれば、学校であればプールがありますし、防火用水でも川でも池でも水の工面は出来ます。避難所のトイレが使えなくなってしまったり、自前で避難した場所にトイレそのものが無い場合には、自分たちで作るしかありません。シャベルがあれば苦労しませんが、非常時ですから木片でも、空き缶でも、棒きれでも素手よりはましです。なるべく土が軟らかくプライバシーが守りやすい場所を探します。穴が崩れないように固めるか、板を敷きます。目隠しの布などを回りに張れれば、仮設トイレとしては十分です。

マンホールトイレ

東京都心の公園や小中学校では、災害用マンホールトイレの整備が進められています。災害用マンホールトイレとは、井戸水などを活用して排泄物を下水道本管に直接流す仕組みの仮設トイレで、災害時はマンホールの蓋を外し、テント・便器を設置して使用します。マンホールトイレが無い場所でも、マンホールの蓋を開けて、板を渡して目隠しをすればトイレとして使用することができますが、危険なので緊急時以外はやめましょう。

【参考文献】
「あなたは生き残れますか?東海地震対策最終マニュアル」清水哲也著:静岡新聞社
「危険から身を守る本」山谷茉樹著:創元社
「大地震発生 その時どうする? サバイバルブック」国崎信江著:日本経済新聞社
「大地震発生!公的支援がくるまでの200時間を生き延びる知識と知恵」山村武彦著:小学館
「地震イツモノート キモチの防災マニュアル」渥美公秀監修:ポプラ社

防災
特集号
大震災の体験を聞く
大地震に備える
地震の基礎知識
地震保険と復興支援
伝言お預かり活動
いざという時の連絡手段

バックナンバー一覧

このページのトップへ